Youtube界に舞い降りた天才『Fラン大学就職チャンネル』

スポンサーリンク
雑記

Youtubeはいつ見ても楽しいし、勉強になりますよ。

特に最近見ているのがFラン大学就職チャンネル

 

 

動画を見てみると、1番最初の動画は4年前になっていますね。

ゆっくり霊夢を使って動画を作っているようです。

 

基本的に合成音声と、フリー素材をふんだんに使った動画となっています。

そして何よりボクが”天才”だと思うのがそのセリフの数々・・

10分足らずの動画時間でも、短編小説を読んだかのような情報量。

そしてセンス溢れるいらすとやのキャラクター。

それらが織りなす1つのストーリー。面白すぎます。

 

動画の作者が1人なのかどうかもわかりませんが、このレベルの動画を作り続けるのはスゴいの一言。

 

 

 

Fラン大学就職チャンネルは今もコンスタントに動画が上がり続けていて、

移動中や家や風呂の中で、ひたすら動画を漁っています。

 

ボクは大学にも行っていないし、Fランとか以前の問題なので本来こういった動画は見ようともしないでしょう。

内容も大学関係の動画だったら絶対見ていませんが、このチャンネルはそうじゃありませんでした・・・!

 

そんなボクが一番最初に見た動画はこれでした。

『本音くん』です。

投資信託積立をやっていこうと思って動画を漁っていたころですね。

もともとゆっくり動画などで合成音声に耐性があったので、すんなり見ることができました。

 

証券会社に勤める本音くんが、来店したお客に対して言いにくいことをズバズバ言っていきます。

マシンガンのように流れる音声と、

いらすとやのニコニコした男の子の画像が相まって、何とも言えない化学反応を起こしています。

 

最終的にこの動画では、来店したおばあちゃんにライバル証券会社の投資信託を買わせる暴挙に出て終わりました。

 

 

そこから次々に自動再生される動画を見ていました。

 

 

時には本当に小説のような動画もあったり。

『人間未満』

導入から完結まで、本当に引き込まれるとはこういうものだと本気で理解しました。

単純に面白いだけじゃなく、何を考えてどう行動しているかの描写がうまい。

 

上の動画は、震災で津波が起こって流された仮設住宅地帯で暮らしている人に向けて、

亡くなった方の生命保険目当てに営業をする証券会社のサラリーマンを描いたものとなっています。

 

動画ではありますが、基本的に聞き流しておけるので通勤中などにぜひ聞いてほしいです。

真面目に考えさせられる動画でした。

 

 

おすすめの動画シリーズ

本当に全部の動画を見てほしいんですが、、

 

マネーの虎をパロった『ニートと虎』

ニートの長男が、虎(家族)に対してゲームを買うためのマネーをGETするために、

本家マネーの虎さながらにプレゼンをします。

 

 

『茶番マン』

おふざけのようなサムネイルから想像もできないくらいバッドエンドのストーリーです。

すべて茶番で片づけてきた主人公が、最後まで本番に向き合えずにいる様は他人事とは思えません。

 

 

『蛇口のバルブは誰のもの?』

小学生のレイモン君が遊びで採れるカンラン石で小学校に市場を築き上げます。

レイモンド商会を作り、牛乳ビンのフタを貨幣に見立て、カンラン石の流通網や価格を調整していく様はまさに金融業界。

他校とのやり取りを”外交”と言ったり、その発想に脱帽させられます。

 

 

この3つですかね。。

本当はまだまだ面白い動画はあるんですが、とりあえずボクが特に面白いと思っている動画でした。

 

Youtubeは情報の宝庫

ソフトバンクで50GBのギガ使い放題契約をして以来

毎日Youtubeを見ています。

 

色々な人が動画を作っていて、無限に好きな時に動画を探して見ることができるので本当にいい時代になりました。

 

ボクが社会に出る前にちゃんと見ることができたら人生違っていただろうなと思う代表格が、

今回紹介した『Fラン大学就職チャンネル』でした。

 

 

なので明日からもボクはYoutube漬けの毎日を送っていくと思います。

タダでこれだけ有益な情報が手に入るもの、ムダにするわけにはいきませんからね。

 

そして得た情報を日々の生活だったり、仕事だったりに活かしていく。

これが今を生きる上で、ボクの中で効率的な生き方だと思っています。

 

今回紹介したのは、こんな動画もあって、ぜひほかの人にも見てほしいと思ったからでした。

ぜひ時間がある方は見てみてほしいです。

 

ブログ村ランキングに登録しています。
もしよかったら押してください・・!↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村