30歳の時に頑張っておけばよかった

スポンサーリンク
雑記

現在ボクは30歳です。

いつの間にか踏み越えた大台。

男は30越えても大丈夫。とかよく言いますけど確かにそうかもしれませんね。

人によりますが

 

15歳くらいの時に、30歳になった自分についてぼんやりと考えたことがあります。

 

当然ですけど、希望にあふれた予測だけをしていました。

30歳にもなれば、結婚して、子どもも生まれて、会社でも上の立場になって、、とか。

 

その後自分が底辺の高校に行くことも、

借金をすることも、

彼女もほぼできないことも、

 

悪いことは何も考えず、ただぼんやりと30歳についてあわい希望を持っていました。

 

 

こんなことを考えても意味がないのはわかっていますが

過去の自分にひと言いえるのであれば、『高校生の時にしっかり将来のことを考えろ』と言いたい。

 

仕事や恋愛のことだけじゃないです。

お金についてもっと理解をしておくべきでした。

 

 

いま30歳やそこらで成功したり、上の立場にいる人は、たぶん自分の頭で考えられる人か、

そういったことを本気で教えてくれる人が身の回りにいたんじゃないかと思います。

 

そうなっていない自分の身の回りには当時そんな人がいなくて不幸だったとか、

だから今ボクは人生を失敗しているんだとか、そういうことを言っているんじゃないんです。

 

 

ただ、貴重な学生生活や20代を本当にムダに過ごしてしまった。

そう思っているんです。

 

 

最初に30歳越えても大丈夫なのは人による、と言いましたが

将来について何も考えてこなかったし、準備もしていないボクのような人間は30越えたらどうしようもないですよ。。

 

そりゃあ、長い地球の歴史の中には30歳から能力が開花して、ありえない成功をした人もいるでしょう。

 

でも大半がそのままの状態を維持して、

ゆっくりと中途半端な人生を全うして終わるはずです。

 

 

そしてこれを書いている、今30歳のボクですが

40歳・50歳とキリのいい年齢になるごとに同じことを考え、さらに精神的に強いダメージを負うはず。

 

その時のブログの内容はたぶんこうです

30歳のころに頑張っておけばよかった』

 

 

「あの時後悔して諦めなければ、まだうまくいっていたはず」

「あの時もっと努力していれば、人生やり直せていた」

 

もうね、10年後・20年後の自分が言いそうなセリフがポンポン出てくるんですよ。

 

 

30歳からちゃんとするのは、確かに遅すぎました。

学生時代、20代前半から自分の人生や将来設計について考えている人にはもう敵いません。

 

自分の人生に誰かが介入してきて上手くいくように手助けしてくれるなんて、

マンガやドラマくらいしかないでしょう。

 

幼馴染は隣に住んでいないし、むしろ異性の幼馴染なんてボクにはいません。

交通事故で異世界に転生もしないし、渋谷にスーパーマンのような正義の味方もいませんよ。

 

 

30歳にもなれば、その辺の現実と理想の区別もついてきます。

 

将来後悔することが目に見えているから、

この現実に目を向けて、今を頑張らないといけないなといけないなと思います。

 

 

死ぬまでこの現実は続くんですし、

死にたくないですからね。

 

だったら生きるために、将来のことをいま考え直していくしかない。

 

 

今回は愚痴ブログでした。

頑張る理由がないと頑張れない人だっているんです。

 

ボクは自分が幸せになりたいから、

将来、あの時こうしておけばよかったと後悔したくないから、

 

この2つのために頑張ります。

 

 

 
ブログ村ランキングに登録しています。
もしよかったら押してください・・!↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村

雑記
スポンサーリンク
なんやかんやして借金400万円を返済するブログ!