1/3の純情な感情

雑記

今日は1月3日と言うことで

テレビのロードショーで天気の子がやってましたよ。

 

初めて見ましたけど

いいもんですね、、若い人の恋愛っていうのは。

 

もう30歳になってしまったボクには遠い世界の話のようです。

けど諦めに近い感情と同時に、どうにかしてやるという気持ちも芽生えました。

 

今年1年が勝負。

借金が完済できても一般人と同じラインに立つだけのことです。

そこまでいって31歳。

果たして人生が変わるのかはわかりませんが、足掻いて見せます。

 

この先ずっと生きて行かないといけないんですから。

 

連休最終日

いよいよ明日から仕事が始まります。

今年に入ったら、仕事で精神をすり減らすことを少なくしたいと思っています。

 

ボクはいちおう営業寄りの仕事をしているので

納期やノルマに追われる毎日を過ごしています。

 

だから今の仕事はすぐにでも辞めたいし、いつも明日がくるのがいやでいやでしょうがないんです。

 

 

けど、いつまでも同じことを言っていたんじゃ何も変わりません。

年変わって、このタイミングで生まれ変わるしか機会はないんです。

 

 

だから、毎日の仕事で数字を取るという部分を極めようと思います。

営業だし、今までうだつの上がらないボクが何を今更言っているのか。

自分でわかっていますが、もうこれしかボクが生き残る道はありません。

 

 

考えているのは、『薄利多売』です。

自分から売り込まなくても、注文をもらえる方法があります。

それは利益がほとんどないんですが・・・

 

それだけに今まで軽視していました。

 

この正月、いや、12月くらいから考えていたんですが

・勝手に注文をもらえる先を増やす。

・注文をもらったり、見積もり依頼があったりした場合の手間を惜しまずすぐに手をつける。

・レスポンスが早くなればリピートされるはず。

 

これなんですよ。

最初の方だけ固定客を増やす努力をして、

あとはシステム化して同じ作業を繰り返していくだけで数字を上げる。

 

 

営業をやっている人からすると当たり前じゃんと言われるかもしれませんが、、

 

たびたび言われる“経営者目線“だったり、“投資家目線“だとかいうのを参考にして考えた結果です。

 

 

今まで手持ちのカードを無視して、自分の力だけで売り込もうとしていました。

それで今まで上手くいかなかったのに

上司に詰められ、遅くまで残業し、精神をすり減らしていました。

 

 

だから、ボクは手持ちのカードのレベルを上げることにします。

言うなればボクの持っているカードはノーマルレアです。

それの質を上げることで、他の営業マンに対抗していきます。

 

 

投資家や経営者は、『システムを持っている』と言います。

自分で労力をかけずお金を稼ぐ方法を持っているんです。

 

だからボクは雇われの立場ですが、

自分の責任でできる範囲でシステムを築きます。

 

 

それが実現すれば、残った時間でいろいろなことができる。

営業の利点はそれもあります。

 

数字さえ上がっていれば、うるさく言われないんです。

 

 

何もスーパー営業マンになるという話じゃありません。

地道な労力を最初にして、基盤を作って、あとは他のことに時間を使える社畜になります。

 

辞めるのはそのあとで十分なはず。

引き継げるようなシステムであれば、後任の人間が活躍できるはずだし、ボクが抜けようとしても引き止められることはないはずだから。

 

 

仕事は辞めたいです。

はっきり言って頑張るつもりはありません。

 

けど、楽をするために

充実した日常生活を送るために、

明日の仕事初めから頑張って行きたいと思います。

 

 

 

ブログ村ランキングに登録しています。
もしよかったら押してください・・!↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村

雑記
スポンサーリンク
なんやかんやして借金400万円を返済するブログ!