支払いに300円だけ足りない

借金のこと

あと1時間くらいでJCBカードの30万円の支払いが発生します。

JCBカードは、日をまたいだ瞬間に引き落としが発動するんです。

今までこれで苦しめられたことが何度かあります・・・

 

じつは・・・

十八親和銀行カードローンでこの支払いのために借り入れした27,000円ですが

予定外の引き落としと、ガソリンがなくなりそうで急遽入れたことにより

かなり減ってしまいました。

支払いができないくらいに。。

 

なので今日1日焦っていました。

 

ボクが持っている3つの口座

・PayPay銀行

・SBIネット銀行

・十八親和銀行

 

この3社と、財布に残っている小銭。

これをとにかくかき集めて引き落とし口座である十八親和銀行に集約していました。

 

集めてあつめて、、

最終的に集まった金額は¥298,497円

 

そう、JCBカードの支払いに必要な金額にあと300円ちょっと足りなかったんです。

 

たぶん大丈夫だろうとタカをくくって、夕方になってもう一度確認した時にこれが発覚しました。

 

正直、夕方からは散らばったネット銀行から十八親和銀行に送金する作業だけだと思っていたんです。

だけど、、この現実に直面しました。

 

この時点で、700円くらいは持っていたんです。

だけど気づいたのが夕方。。

 

『入金する手段がない・・・』

 

この状況に追い込められた人はわかるかと思います。

夕方からの銀行ATMは硬貨を受け付けてくれないんです。(十八親和銀行の場合)

 

ボクが持っている口座は2つがネット銀行。

1つが普通の銀行です。

ネット銀行はコンビニのATMで操作するため、こっちも硬貨を入れることはできない。

 

つまりどうにかして1,000円札を手に入れないと引き落としができない。

そうなると、キャッシングする予定だったお金も借りることができない。

 

イコール、破綻です。

 

 

こんなことなら昨日のブログに書いた

ブログを見てくださっているフォロワーさんに2万円借りておけばよかった・・・

 

けど、カッコつけたのに今さら言えない・・・

 

 

この時ボクの手持ちは700円と奇しくも支払先と同じJCBのギフトカード1000円分

この1,000円分のギフトカードを誰かに買い取ってもらえないか、

買い取り店とかで買い取ってもらえないか、

そんなことを考えながら、結局なにもできませんでした。

 

汚れとか折れ曲がってたりしていたし、

何より1,000円より安い金額で買い取ってもらっても、”1,000円札”が手に入らないと意味がないからです。

 

やっちゃいけないこと

そのまま夜、家に帰ってきました。

いちおう部屋の中を漁りました。もちろん紙幣なんて出てきません。

貯金箱の中を見ましたが、13円だけ入っていました。

 

 

この時間から300円だけなら、ボートレースで行けるかもしれない。

そんな気持ちもありました。

だけど、もし負けたら本当に詰みます。

 

明日の朝イチで700円を銀行に入金すれば、ギリギリ大丈夫かもしれない可能性がまだあります。

 

だからここでボートレースに手をつけて

所持金を減らしでもすれば、それすらもできなくなる。

 

 

一番いいのは問題なく引き落としが成功して、

問題なくキャッシングができるということです。

 

それができない今、最善の策としては手持ちの700円を朝イチで銀行口座に入金しに行き、

JCBへ電話をして引き落としをしてもらうこと。

けど、このパターンだと制限がかかる可能性があるからそれも怖い。

遅延と見なされれば、カードの使用に制限がかかるからです。

 

 

・・・・晩御飯を食べ、家族が部屋に行った後、ボクは母親の財布を手に取りました。

 

1000円あれば助かる。

日付が変わる瞬間だけ借りて、即キャッシングして返せば問題ない。

 

そう思って財布を開けました。

 

 

2000円と小銭が入っていました。

 

 

 

悪い考えをしていました。

けど、借りれませんでした。

思ったより、はるかに入っていなかったからです。

 

 

本来ならここには、ボクがもっと家にお金を入れて

数万円くらいあるべきなんです。

 

たまたまかもしれない。

 

だけど、情けなくなって

借りるという名目でも、手を付けてはいけないと思い、そのまま財布のファスナーを閉じました。

 

 

身から出た錆。

親を不幸にして何やってるんだろう。

 

時刻は22時

あと2時間でした。

もう時間がない。

家に300円でもあれば、コンビニで手持ちの700円と合わせて「固めてください」というお願いができるかもしれない。

 

けど、それができませんでした。

お金がとにかく見つからなかったから。

 

 

ボートレースももうできる時間じゃない。

明日朝イチに入金するしかないのか。

 

そう思ったときに、ふと思い出しました。

『競輪があるじゃないか』

 

前にTIPSTARというサービスが、mixiから出ていることをブログに書いたことがあります。

 

競輪を演者と一緒に見ながら予想するという画期的なアプリ。

 

でもボクは競輪がかなり苦手です。

自分で予想できないし、人に乗っかってもいい思いをしたことがない。

 

だからここにお金を投入するのは考えていませんでした。

そして機種変をした後から、アプリをインストールしてなかったのでかなり開いていませんでした。

 

だけど・・・

11月から、ガチャでハズれたポイントで、ボーナスマネーをお得に交換できるようになっていました。

 

前やっていた時に貯まっていたポイントが50,000Pあったので、

500円分のボーナスマネーをGET。

 

 

ボーナスマネー自体は、そのまま出金できません。

レースの賭けに使うことができて、その払戻金が出金できるようになります。

 

そして出金先にネット銀行を選ぶことができるので

300円だけ勝つことができれば引き落としが可能となります。

 

 

TIPSTARは人の予想が見れるので

とりあえず8分後のレースに賭けることにしました。

 

時間的にも、あまり時間はかけれませんので。。

 

 

小倉5Rに賭けました。結果は・・・

 

 

 

 

なんと、、、なんとなんと、、、

的中。しかも56倍という大勝。。

 

300円を、1=2=4という固いところに300円賭け、

残りの200円は、100円ずつ近いところに乗っかりました。

 

 

今まで、ツイッターで競輪をしている人が勝っているのを見て

奇跡的なことが起こっていると思っていましたが

土壇場でボクにも奇跡が起こりました。

 

 

本当に本当に本当に助かった。

300円で死ぬところだった。

 

0のところから6350円を手に入れました。

 

 

もちろん、速攻で振込作業開始。

 

 

余計なムダ遣いをしてしまわないように、

SBIネット銀行に1200円くらいだけ残して、残りは引き落としの口座に入金しました。

 

 

30万オーバー。

支払いは298,839円。

 

助かった・・・なんとかなった・・・

 

 

もうこんなことはしない

結果として今回は何とかなりました。

 

親のお金に手を付けようとしたし、お金の計算を間違えていたし、

ギャンブルに頼ってしまったし、

 

最悪の引き落としとなってしまいました。

 

ブログを書いている時刻は23時46分。

あと14分足らずでボクの口座から30万円が消え去り、そしてクレジットカードの枠が復活します。

 

 

これまでの借金の仕方とは性質が違いますが

もう同じことを繰り返さないようにしないといけないなと思いました。

 

 

お金がないと正常な判断ができなくなります。

やってはダメだと思っていることもやってしまうこともあります。

 

そうなりたくないなら、未然に防いでいくしかありません。

お金に困ってそういったことをしてしまうなら、困らないように生きていくしかありません。

 

 

苦労せずにうまくいってしまいましたが

このことを忘れないように、明日キャッシングしてきたいと思います。

 

12月のボーナスまで気を抜かずに生活します。

 

ブログ村ランキングに登録しています。
もしよかったら押してください・・!↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村

借金のこと報告雑記
スポンサーリンク
なんやかんやして借金400万円を返済するブログ!